安産になると噂のお茶であるラズベリーリーフティー。
予定日を超えてしまった私も安産にあやかりたくてラズベリーリーフティーを購入して飲んでみました!

早く産んでしまいたかったので効果的な飲み方を検索してから飲んでみたのですが、おかげで陣痛から40分しないで産まれました!

ここでは私が実際に行った飲み方とネットで効果的だと紹介されていた飲み方についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

ラズベリーリーフティーの効果的な飲み方とは?

お産や産後にいいと噂されているラズベリーリーフティー。
産前は8ヶ月以降から飲むとお産がスムーズに進むとか、産後は子宮の戻りや母乳にいいとか聞きました。

「えぇ~…お茶飲んだだけで赤ちゃん楽に産めちゃうとかそんなのある?」と半信半疑というより8割型信じていませんでした(^^;

 

しかし、予定日になっても産まれてこなかったので、慌てて翌日にラズベリーリーフティーを買って飲んだのは今となってはいい思い出なのですが、出産レポについてはこちらを読んでみてください。
ラズベリーリーフティーの効果で陣痛が早くきた!?

上の子たちの休日の関係もあったので、予定日から大幅に遅れることは避けたくってネットで売っているお店を探して飲み方まで検索しましたw

色々調べていく中で、私がネットで見たラズベリーリーフティーの効果的な飲み方というのが、通常茶葉にお湯を注いでから3~4分ほど置いておく所を蓋をして10分蒸らしておくというもの。

 

要約すると、通常より濃いめにして飲むってことです。
冷たいのか温かいのか選ぶなら温かい方が身体も温まるしリラックス効果も。

「なぁ~んだ、それだけか」と思うかもしれませんが、ラズベリーリーフティーを飲むにあたって注意点があります。

 

スポンサーリンク

ラズベリーリーフティーの注意点

ラズベリーリーフティーが安産にいいと言われているのは子宮収縮を促す作用があるためです。
出産が近かったらだったら問題ないですが、妊娠中にまだ妊娠週数が浅い内に産まれてきちゃうと困るので、飲むのは妊娠8ヶ月を過ぎてからがいいみたいです。
切迫早産など安静が必要な場合は、正期産に入ってから飲んだ方が無難だと思います(^^;

スポンサーリンク

安産だった私の飲み方

予定日が1日過ぎてしまいましたが、ラズベリーリーフティーを飲んで翌日に出産し、陣痛がきてから出産までの時間は38分
前回の出産も早かったのでラズベリーリーフティーのおかげで安産だったのかは分からないのですが、私が飲んでいた飲み方をご紹介します。

 

私が出産前に購入したラズベリーリーフティーがこちら。

ラズベリーリーフティー西松屋での値段はいくら?
画像は見本でAmazonに売っているものですが、私は西松屋で購入しました(^^)

この前近所の品ぞろえが豊富なスーパーに行ったらyogiのラズベリーリーフティーも発見!

yogiのお茶シリーズはよく見かけますが、ラズベリーリーフティー置いている店はまだまだ少ないです。
16個入っていてこのお値段ならコスパもなかなかいいのではないかと思います(^^)

 

でも「もっと早くにラズベリーリーフティーのことを知っていたらコレ買ったのに~!」と私が後悔したのがこちら☟



100%オーガニックで安全面はもちろん、コスパもいい。
妊娠中は口にするものには特に気を付けたいので、ネットだけじゃなくて店頭にもあったらな~と思っているんだけれど、未だにお店では見ないからネットだけの販売なのかも。

 

前置きが長くなっちゃいましたが、肝心の私が飲んでいたラズベリーリーフティーの飲み方です。

最初の1杯目は様子見のためにお昼時にマグカップにお湯を注いだらパックを入れて3分ほど放置。
猫舌のため程よく冷めたら飲んでみました。

飲んだ後は散歩したりしましたが前駆陣痛さえも全く来なかったので、2度目は2杯飲みました。
濃さは変えずに飲んでみましたが、夜中に破水→急に陣痛が来て出産になりました。

飲んでから割と早く出産になっちゃったので、ネットで見た効果的な飲み方までは至らなかったのですが、37週以降から濃いめで毎日飲んでいたら予定日を過ぎなかったのではないか?という考えはよぎりました(^^;

 

早い段階からラズベリーリーフティーを知った人は、正期産に入ったらぜひ飲み始めてみてほしいです。
産後にもいいそうなので、大容量で買っておいてもいいと思います!

スポンサーリンク